住宅ローン借り換えの諸費用は?

住宅ローン借り換え諸費用として含まれる費用には、銀行の事務手数料の他に、印紙代、登録免許税、司法書士への報酬などに20万円ほどがかかります。
また、保証料として必要な金額は借り入れ金が大きくなるだけかかってきます。
1000万円あたり20万円程度見ておくと良いでしょう。
そのほかにも、団体信用生命保険の保険料が組み込まれているタイプか、別途必要になるかによっても変わってきますね。
2500万円程度の借り入れの場合で70万円程度は見込まれますね。
残り1000万円程度の返済を借り換えで申し込むと、こうした手数料を差し引いても100万円単位での支払い総額の圧縮になるのです。
保証料や団体生命保険料を無料に設定している新生銀行などの住宅ローン借り換えシミュレーションを試して見はいかがでしょうか。
住宅ローン借り換え審査甘い銀行は?基準通りやすい!【落ちた理由】