返済できないときの住宅ローン相談はどうする?

返済できないときの住宅ローン相談住宅ローン相談の中では、返済ができないという相談もあります。
しかし、それでもマイホームだけは何がなんでも守りたいという気持ちがあるものです。
こうした場合にはどうすればよいかを見ていきます。
競売にかけられる前であれば、個人版民事再生と呼ばれる手続きを踏んで、マイホームを死守できる可能性は残っているのです。
これは2000年に成立した民事再生法等の一部を改正する法律に基づく制度です。
企業には債権者の協力を得て再生する道がありますが、個人にも法律でその道を開いてあげようというものです。
住宅ローンで行き詰まった人の多くは、なんとかマイホームを死守しようと消費者金融などにも手を出しているのが多いのですが、そうした無担保債権については、大幅に圧縮することもできるのです。
住宅ローンは圧縮できませんが、返済期間を延長したり、元金支払いを最長で5年少なくしたり、元金を据え置いたりもできるのです。
このような制度をじっくり検討することで、打開策が見えてくることもあるのです。
住宅ローンの金利の相談でおすすめは?