賃貸アパート兼住宅の住宅ローン減税は?

最近、1階部分はアパートの賃貸として貸し出し、2階部分を自分たちの居住空間としているお宅を良く見かけます。
家賃収入もあり、理想的なお宅ですよね。
そういうお宅を、銀行の住宅ローンで貸し入れ建築する方も多いそうです。
住宅ローンの融資を受けるとなると、住宅ローン減税という税金軽減処置も受けられるようになります。
一般の住宅ですと、申請すれば受けられるのですが、アパート件住宅の場合は少し注意が必要です。
自分達が住む居住区が、50%以上ないと、住宅とは認めらえず、住宅ローンの申請さえもできない事が多い用です。
賃貸部分が多いと、住宅ローンは組めないという事ですね。
憧れの家賃収入ですが、建設する時は、銀行と良く相談してからの方が良さそうです。
住宅ローン減税手続きなら