ここ数年の間で光回線の業者が高齢者の家を訪問して都合よく契約させるトラブルが増えています

ここ最近、光回線の業者が高齢者の家を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えてきております。
この事態を深刻にみて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を定かにいたしました。
イーモバイルを使っていて知らぬ間にワイモバイルになってました。
でも、ワイモバイルにしてから、ソフトバンクのwifiスポットが利用可能になりました。
光から光乗り換える理由として多いのは、現在の月料金より低額になったり、キャンペーンがお得だったり、スマホの料金などとパックで割引になったりすることがあるからです。
使い具合としては、ワイモバイルに光乗り換えてからの方がひょっとして良いと思われます。
通話をほとんど使わず、ネットを主に使っている方にはお得です。
引っ越しをした機会に別のプロバイダに変えてみたんです。
プロバイダを変えた後も、以前のプロバイダとそんなに違いを感じないので、変更して良かったな、と思います。
プロバイダのお金などは2年おきの更新時に検討するといいのではないでしょうか。
wimaxデータ通信なら、速度の制限がないため仕事でパソコンを使う方でも案じることなく使うことが可能だと感じています。
PCで通信する場合においては、他のモバイル端末に比べると、ベージの容量も多くたちまち通信量が増えるので通信制限なしはありがたいです。